absent-mindedly

思ったことをダラダラと。

ブログを書くこと

「ブログを書こう」と思い立った日に夢想したのは、自分の考えや思いを吐き出すためのブログだった。そんなに来訪者数は多くなくていい。炎上してPVが増えたりしなくていい。わたしの考えに共感してくれる人が、クチコミで集まって少しずつ増えていくような、温かい集まり。田舎の公民館で開催されている身内のイベントのような。そういえば昔祖母が集まりのことを「よりあい」と言っていた。漢字で書くと「寄り合い」になるのだろうか。とにかくそんなイメージのなにか。

 

だけど人の集め方などわからない。共感してくれる人が集まるともわからない。長く続けていればそんなこともあるのだろうが、長く続けることが一番苦手であるわたしに、そんなことできるのだろうか?と。

 

ブログを実際に初めてみて、何でも書いた。とにかく何でも書いた。「ブログで生きていけたらいいなあ」なんて甘い考えがあったので、とにかく何でも書いた。広告もバシバシ貼っていった。いつの間にか日に200人くらいアクセスが来るようになった。そして、飽きた。

 

なんのためにブログをしているのかがわからなくなった。最初のうちは「わたしってブログ書くの向いてるのね」と思ったのだけれども、どんどん記事を追加するうちに、「こういうのは今書かない方が良いかな」「これを書くならあれも書かないと…」と。好きでやってたブログにいつの間にか自分で縛りプレイをしていたようだ。楽しくて毎日書いていたはずなのに、いつの間にか「毎日書く」ことが目的となっていたような。手段と目的が入れ替わるってやつ、よくあるやつ。この現象に名前はついていないのか?君の名は?

 

わたしはなんでもいいからブログを書きたかったわけじゃない。思ったことを書いて、それに対して反応があったりしたら嬉しいなあみたいなそんな感じの思いがあった。あ、思い出した。わたしはmixiみたいな繋がりを期待していた。

 

良かったよねmixi。今は亡きmixi。いや、あるけど。いつの間にかみんなFacebookに移動して、そこからInstagramやらTwitterやら随分住み分けされたような印象がある。みんながmixiに居た頃、入っているコミュニティを見るとその人が何を好きなのか分かって友人の友人と簡単に友達になれたりした。夜中に日記をアップしても反応してくれる友人がいた。あ、わたしに足りないのは友人なのかもしれないなあ。

 

ああ、でもわたしは友人が欲しいわけじゃない。いや欲しいけど。ぬるい関わりが欲しい。「ブログで月100万稼ぎました!」「こうすればアクセスが増えますよ!」みたいなブログ仲間はいらないの。そういうビジネスパートナーみたいな感じじゃなくって。

 

「あぁ〜わかるわかる!」「それわたしも思った〜!」みたいな感じのやつ。Twitterでかなりそれは満たしてはいるのだけれど、短いじゃんTwitter。わたしはメモ帳スクショじゃなくて長い文章が書きたいの。

 

「自分が思ったことと同じことを考えた人がいる!」というのは、想像以上に嬉しいことがあるから。わたしは幼少期から図書館の本とかにだいたい救われてきたのだけれど。今はインターネットがあって、いろんな人の意見とか思っていることを見ることができて本当に幸せだなあと思う。そしてわたしが共感される側の人になりたくて、それで誰かのためになれたらっていうのもあるけど、一番はわたしが、自分の頭の整理のために長い文章を書きたいから。

 

というわけで、考えたこと思ったことをダラダラたれ流すために、新しくブログを作ってみた。誰かこのブログを見つけてくれる人がいるのかな?と。ちょっと楽しみなのである。